上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3Dでお絵かきとかしてるときに参考画像を脇に表示しながら制作画面を出してると、24インチモニタ一枚だけだとどうにも作業スペースが狭っ苦しくなるのでUSBサブモニタを買ってみました。
CENTURYのLCD-8000UD。
LCD-8000U用の専用アームを使うと↓みたいに好きなところに空中固定できます。でもこれ、机が揺れるとモニタも揺れる…。

LCD-8000UD 銀さん見切れてます

サブモニタ使用例 全体図

動画をBGM代わりにしたいときとか英辞郎をスタンバイさせておきたいときとか、いちいち画面切り替えしなくて良いので快適快適!母艦は4年前に組んだPCが未だに現役ですがC2D+XPの組み合わせでCPU負荷もそれほどでもないので画面が増えて重宝してます。

USBモニタ欲しいな~と思っていろいろ探してたんですが、候補がBUFFALOの7インチワイド800x480かCENTURYの8インチ800x600かの二択まで絞り込んでたところで、画面の広さとサービス対応の良さでCENTURYに決定。120x800の違いは結構デカイよー。IEのツールバー消さなくてもブラウザ一画面表示できる広さは魅力的です。
最初、CENTURYって聞いたこと無いけどどこの朝鮮メーカー?とか思ってましたゴメンナサイ。HPの初期不良対応の文章がなんか好感持てたのと、実際交換した人が口を揃えて対応良かったって言ってるのが決め手になりました。いやーこういう地道に良い仕事してるメーカーの製品は応援したくなりますよね。

 

tag : GF1 

 | ホーム | 














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。