上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
丼鉢を作ったので中身が作りたくなる⇒いくら食べたい⇒いくら用にグラスビースを購入⇒ミニチュアだと使いきれないほどの大量のグラスビーズが届く←イマココ

うにいくら丼 うにいくら丼

なんというか凄まじいミニチュア感。
これライティングマジックで多少うにいくら丼っぽくなったけど実際はすごいおもちゃおもちゃな感じで微塵もおいしそうには見えないからね!

あと大量のグラスビーズを通販で送料払って買ったあとに、渋谷のウエマツで50gくらいの丁度良い量のグラスビーズが売ってるのを見つけるというね。
悔しいのでしばらくいくら消費できるものを作るぞー




うに うに

おもちゃっぽく見えるのはウニの色と形も原因なんだよなあ…百円玉の左側にある2つが原型なんだけど、原型パテくらいの色合いのほうが本物っぽいかなーあと粘土が乾かないうちに形崩さないとだめぽ

手抜きご飯 ご飯盛り

ご飯は大部分が手抜きご飯~ご飯抜き用のインジェクター針でつつくと割とご飯っぽい感じが出ます。見えるところだけちゃんと粒粒ご飯貼ってる。


いくら いくら作り直し

いくらは透明すぎる感じがするので事前にちょっと濁らせる感じに色を付けてみた。目玉はエナメルで超適当に描いちゃってるけど一個一個書き込んだほうが良いのかな。


大葉 大葉

うにいくら丼は色彩の暴力だったので青みも用意してみた。大葉のギザギザは彫刻刀使ったら量産が凄く簡単になった!筆で薄ーく粘土を塗ったりみたいな面倒くさいのも試してみたけど、単純に粘土型取り⇒フチをギザギザ でやったほうが圧倒的に効率も収率も良かった。1枚1分くらいで量産できる感じ。しかし葉物は色が難しい…


大皿&どんぶり4 丼追加

せっかくいくらが大量にあるのでミニチュア定番の海鮮盛りでもつくろうかな~と思って刺身用大皿とあと丼鉢をまたひとつ追加してみた。17mm丼どんだけ増えるんだよ!ってなるけど毎回大きめに作ろうと思って粘土削ってると何故かこの大きさに落ち着くんだよね。いまから型取りして出来るのは1ヵ月後くらいかな。


tag : ミニチュアフード  ミニチュア食器 

 | ホーム | 














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。