上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OLYMPUS PEN-F買ったよー

OLYMPUS PEN-F PEN-F

そろそろカメラ買い換えたいと思ったけどμ4/3はいまいちピントくるものがなくてデザインだけで選ぶとPEN-Fシルバー一択だった。でも無駄に高いし重いしでかいし高画素要らないし…と若干失敗したかなと思ってしばらく放置してたんだけど、ちょいちょい使ってるうちに一番期待してなかった画質と手振れ補正が滅茶苦茶良いというのを実感してきたのでかなりお気に入りになりつつあったりする。
μ4/3はミラーレス1号機のG1からずっとPana機使ってきたけどOLYMPUSも良いね!特に色作りと絵作りが好み。映像処理機器を長年扱ってるノウハウ持ってるのはやっぱ強いんだなー



とりあえず簡易レビュー。
機能的には4年前のGX1の時点でμ4/3頭打ちだと思ってたけど、そんなことはなかったぜ!という嬉しい誤算だった。これってPana→OLYに替えたせいなのか、それとも4年間の技術進歩なのかな?

<良いところ>
・見た目
・OKボタンのスーパーコンパネ便利
・WiFiボタン便利 接続ミスるけど
・露出補正が独立してる
・色作り
・手持ちマクロ撮影でぶれない(5段の補正効果!)
・転送予約できる
・一括リサイズして転送してくれる リサイズ画質もまとも
・Lサイズノーマル画質で保存しても原寸鑑賞に堪えられる
・モノクロ、パートカラーが美しい トーン調整へのアクセスも良い
・アートフィルターがPanaより充実してる(水彩、アニメ調フィルターとか)
※その後追記:撮影後画像の加工はPRISMAに完全敗北したので、絵画っぽい画像加工はカメラ側でやるという選択肢はなくなりました。ただしトーン調整とかのRaw加工が撮ったその場で出来るのはやっぱり便利。


<悪いところ>
・でかい。重い。
・説明書とUIがクソandクソ
・電池残量の常時表示できない
 EVFオフにしてるとメニュー出したときの一瞬表示もできない
・転送時リサイズ機能は素晴らしいのに設定できるのが横1600pxのつぎが1024px 1280が欲しい
・転送時リサイズの画質と画像サイズがOS依存(OLYMPUSに確認した。Androidだと1600px設定で400KBくらいに圧縮されるのが、iOSで同サイズの圧縮すると1MBを超えるクソ仕様)
・加工でモザイク入れみたいな部分消しができない
 サイン入れ機能だけやたら充実してる



<最初イラッとしたけど解決したこと>
・EVF殆ど使わないからいらない、意図しない切り替えがうっとおしい
⇒ボタンで切り替えにしたらウザさは低減
・AF+MF時にフォーカスリングに指が当たっただけで拡大される。PanaみたいにAF中だけ拡大して欲しい
⇒フォーカスリング拡大は諦めて虫眼鏡ボタン使う/親指AFを覚えたので必要なくなった
・iOSだとアプリ立ち上げてもWiFi接続してくれない。毎回WiFi一覧からカメラを選ばないとダメ。(Androidは何の問題もなくカメラでWiFiボタン押したら勝手に接続切り替えてくれてる)⇒iOSはWiFi切り替え機能はなし。出先でLTE接続なら問題なく接続できそう?
・フラッシュない→ついてた(゚∀゚)!


☆親指AFってこれか!!
シャッター半押しでのピントあわせをしないで【画面タッチした場所でピント合わせ→そのピントのままシャッター押せる】ってことだったんだな。たしかにこれは便利というか直感的にピントあわせができるので凄く気持ち良い。レビューとか見ててやたら親指AFにこだわる人がいるのが解せなかったけど、使ってみたら3分くらいで操作は慣れるしこれがないとストレスになるのは良く分かった。
タッチシャッターなんかはこの延長にあるものだったんだな。ピントがあった時点で勝手にシャッター切ってくれるから便利なんだけど、拡大して正確にピント合わせてから戻って構図確認してからシャッター切りたい場合も結構あるから、使いたいほうを画面アイコンで簡単に切り替えられるのは凄く良いね。

(親指AFの設定が分かりにくかったのでメモ)
シャッター半押しのときにAF再合わせされたくないので、AELモードを3にして「半押し時になにもしない」設定にしておく。
これをやると他人にカメラ貸したときに「??」ってなるので、iAモードはデフォルト設定のまま半押しでAFになるようにしておくと良い感じ。iAモードもかなり使ってるんだよな~細かい設定練ってる余裕がないときも結構あるし。ツーリング中にエンジン切らずにささっと撮るときなんかは凄く重宝してる。この辺は、GX1はiAボタンが独立してるのが地味に便利だったからそこだけはPanaのが良かったかも。

親指AFにするかどうかはカスタムボタンごとに指定できるので、普通の半押しシャッター版と、じっくり撮影したいときの親指AFと使い分けられるようになってるのは便利!



PEN-Fで何が良かったかっていうと、「部屋の蛍光灯で手持ちでマクロ撮影ができる」くらいに手振れ補正・色作りの性能が素晴らしいってところなんだよな。これは使ってみてはじめて良さが実感できた部分!GX1は三脚必須、日中の太陽光で長時間露出しないととても思った通りの色にはならなかったのでこの部分の進化は素晴らしい。

▼透明レジンで器を作ったときのやつ。
手持ちマクロで作業メモ的な写真が気軽に撮れる!
透明器①型抜き
透明器②磨き後
透明ガラス色付け
透明器③乾燥中
透明器④完成!
メロンフロート盛りつけ

ついでに最近作ったやつも
メロンフロート旧フロート
ずんだ正宗ずんだ


手振れ補正の5段って凄いな。
これは被写体ブレがないから余計に効果が実感できるのかもしれない。外で動物撮りなんかもこのレベルで手持ち撮影できたら言うこと無しなんだけど、被写体ぶれがどこまでカバーできるか今年の北海道で試してみたいな!

tag : ミニチュア食器  ミニチュアフード 

 | ホーム | 














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。