上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白銀さま

相合傘

本編で相合傘しそうでしなかったなー

昼起きたら窓の外が銀世界だったのでおもむろに描いてみた。
Painter12で殴り描くといい感じにデジデジしたアナログ水彩っぽくなるので結構気に入ってますよこのソフト。

しかし相変わらずバグ尽くしなのはPainter6から変わってない…というかむしろ酷くなってませんか。ペンタブのサイドスイッチに消しゴム割り当てて、押してる間だけ消しゴムでふだんはペンというのが使い心地良かったのに、Painter12でこれをやると色が勝手に変わるくらいはまだ可愛いモンで、5回に一回くらいの割合でバリアントが消しゴムに入れ替わって元に戻らないというあるまじき使えなさなんですけど仕様なんですかこれ。

水彩は結構気に入ってるんだけどなあ…上のやつの背景とか、雪をマスクした上からびゃびゃーっとリアル水彩筆で塗りつぶしただけなんだけど、良い感じにエッジの滲みとか塗りムラみたいなのも出てくれてこれは便利ですね。リアル水彩筆は今のところカスタマイズほぼ無しでデフォルト設定のまま使ってますが、何も考えないでアナログっぽさが出せるのは気に入ってます。2B鉛筆もデフォのままのが描きやすくて良いなー。
Painter6のパターンとテクスチャをそのままインポートで持ってこれたおかげで、6からの移行はとてもスムーズにいけました。ブラシの読み込み方がわからなかったのでよく使ってた水彩筆だけバリアント設定を手作業でそのまま再現してみましたが、たしかによく言われてるように描き味がなんか6と12で微妙に違う。テクスチャの出方と色の混ざり方がなんか違うんだよな…テクスチャは12だとコントラストと粗さをMaxにしてもぜんぜん絵の具に乗ってこないなあ…描いてる最中にリアルタイムでノイズが乗るのが好きなんだけどなー。まだまだ使いはじめなのでこの辺は設定次第でなんとかなるのかな?

ちなみに6から12への乗り換えの決め手はPNGが読み書きできるからってのが一番大きかったりします。やっとblenderのテクスチャ描きがPhotoshop経由じゃなくダイレクトにできるようになるぜ☆あと、いい加減アカデミック版使い続けるのはさすがにどうだろうという良心の呵責が…。それにしても、当時Painter6缶がアカデミックだと半額の3万で買えてかなりなお得感があったんだけど、今は正規の新規アカウントが2万で買えるとか良い時代になりましたね。



▼昨日の雪景色ログ@下北
雪景色 灰色の空
雪だるま ミニ雪だるま


小さい雪だるまは朝になったら綺麗さっぱり消えてました。消滅ENDとか…思い出すじゃないかコノヤロー。
かわりに玄関先に巨大な雪だるまが鎮座していました。復活…したら良いなあ…でも巨大になって帰ってくるのは勘弁してね。


tag : K  Painter 

 | ホーム | 














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。