上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝3時半に起きてトマムに行く準備をしてたら、雲海情報更新されて「現在、雲海の発生はありません」。おいおい発生確率60%で今日こそはいけると思ったのに!天気が良すぎても湿度が低くなって雲海が発生しないようです。
ガッカリしつつもこれから霧が出てくるかも?と淡い期待を持ってトマムに向けて出発したら…


雲海マジェ 朝焼けの雲海

うおぉトマムは雲が出てないけど帯広上空は雲海!!
足元まで迫る雲の海、というわけにはいかないけど、山をはさんで向こう側が一面雲に覆いつくされてる大パノラマ!!

雲の海 雲の海


トマムは結局終始晴れで雲すら出てなかったので、狩勝峠に泊まって大正解でした。トマムの宿がとれなかったおかげでレアな?狩勝峠からの雲海が眺められるとは…人生何がどう転ぶか分からんなあ。


その後、トマムの早朝散歩ツーリングから帰ってきてスパで暖まりつつチェックアウトまでホテルでまったり。トマム、異様に寒いと思ったら今朝は占冠で道内最低気温の13℃をマークしてたらしい。

16日は道内大雨予報が出てたので、今年の北海道ツーリングはこれでおしまい。
帰りのフェリーまで時間があるけどどうしようかと思ってたところに、ホテル併設の熊牧場?があるらしいと聞いて行ってみたらこれがただの動物園とは全く違った面白さ!

熊三匹 クマ3匹
取っ組み合い 取っ組み合い

ベアマウンテンという施設らしいですが、クマしかいないサファリパークというのが正しい説明のようです。園内をバスで回るのが通常コースで、高い位置にある遊歩道を歩いて回ることもできるので、天気も良いし歩きのコースを選択。広い園内を自由にクマが歩き回ってるので森の中を念入りに探し回らないとクマを見ることすらできないんですが、このクマ探しが宝探しみたいですっげー楽しい!!ようやく見つけても木の生い茂った遠くのほうにいたりするので、写真を撮るなら超望遠レンズ+MF必須です。知床・雲海・ベアマウンテンと、普段は余程のことがないと使わない望遠レンズとMFが今回の北海道ツーリングでは大活躍。これも45-175mmが小型化されてバッグに常に入れておけるようになったおかげかな。カメラをGX1にしてからあえて話題に出すことは少なかったけど、旅カメラとしては超優秀だと思います。ツーリング中に左手はブレーキ、右手はGX1でズーム撮影までこなせるのは本当に便利!


 
 
▽以下北海道ツーログ最終日。
狩勝~苫小牧~大洗~下北沢まで。


狩勝峠5合目 狩勝峠5合目より

朝焼けがきれいだなーと狩勝峠の5合目辺りで日の出を眺めてたら、…ん?帯広方面は雲がかかってるぞ?ということで急いで狩勝峠の展望台へ向かいます。

朝日と雲海 朝日と雲海

朝日が上れば上るほど雲海が霞んで見えなくなっていく…狩勝峠に着いたときにはやや高い位置に太陽が来てしまったので、慌てて175mmレンズを装着。遠くの雲海はコントラストが低すぎてAFがきかないのでMF必須です。それにしてもAFが合焦しないとシャッターを切ることができないのは初心者向けカメラのわりに不親切だなあと思った次第。


狩勝峠の雲海 帯広の上空
帯広上空の雲海 雲海の境目


雲海は帯広の上だけにかかってて、山より手前はきれいに晴れてました。この十勝平野の雲が山を越えて流れ込むとトマムでも雲海が見えるみたいです。


トマムは晴れ トマムは晴れ

狩勝で十勝平野の雲海が見えたってことはトマムからも見えるかも?と30分掛けて早朝の極寒の山の中をキツネに追いかけられつつ走って行ってみましたが、トマムからはこの雲海は見えなかったようです。雲海テラスは諦めて、浮いたお金をベアマウンテンに回したらお釣りがきたよー。


▽ベアマウンテン。
羆は木の陰に同化してるので目を皿のようにして探さないとスルーしてしまいます。

お昼寝中 お昼寝中
マーキング マーキング中
お散歩中 お散歩中
親子喧嘩 親子喧嘩中
出てった 喧嘩終わり
犬熊 犬みたいな顔



苫小牧に向かう途中、最後の赤フラッグをGET。
南富良野のホクレンに行ったら旗が売り切れで、占冠までガソリン残量を気にしながらチキンレースする羽目に。

フラッグコンプ フラッグコンプ


夜から雨予報だったので、日没前に苫小牧イオンにマジェを停めて深夜便までの暇つぶし。フェリー乗り場に向かおうとイオンを出たら大粒の雨が。ここのイオンは駐輪場に屋根があるのが助かる…そういえばここでカッパを干さなかったのは4回の北海道ツーリングのうち今回が初めてだ!毎回最終日は雨が降るなあ…って翌日雨になりそうになったら帰るって決めてるからそうなるんだけどさ。

その後フェリー出航前にバケツをひっくり返したような土砂降りの雨に…苫小牧フェリー乗り場は屋根がないのが痛い。そしてバイク乗り込みのアナウンスが流れたときは雨が小降りになってラッキーと思ってカッパを着ないで船に向かったら、乗船を待っている間に土砂降られるというお約束の展開が。パンツまでびっちょびちょになったよ…乗船後すぐに着替えて風呂に入れる状況だったのが不幸中の幸い。出航時の雨は何気に初めてだったけど、これはフェリー慣れしてないときにやられたら心が折れるわ…

夕焼け 船上の夕焼け


帰りは快晴の夜空。しかし北海道の日中よりも高い気温と湿度で蒸し暑い…
首都高は今度こそ山手トンネルを避けて、6号向島線→C1→4号新宿線を通って幡ヶ谷まで。しかし毎度思うんだけど首都高のあの複雑さは免許取り立ての人が通ったりしたらトラウマにならないのかな。車線変更禁止+トンネル内分岐+右車線出口のコンボとか、事前にルートが完璧に頭に入ってないと詰むだろこれ…。久々に夜の首都高通ったら夜景にスカイツリーのライトアップが加わってすっげー綺麗だったけど、夜景と案内標識見るのに精一杯で2回も路上の落し物を踏んずけてしまった…マジェ君ごめんよ!



今年の北海道ツーリング、7泊8日(うち船上2日)で総走行距離1,642km也。
雨も降ったし意図的に長距離は走らないようにしてたのでこんなもんかな。次は200km/dayを超えないまったりツーリングを目指したいなー。

tag : ツーリング  GX1 

 | ホーム | 














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。