上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルは王様のレストランの千石さん風に発音。
先週スカパーでやってた王レス見て、ここまで完璧なドラマは未だ他に見たことがないと再確認しました。ストーリーとキャストが奇跡過ぎる。


閑話休題。メットスピーカー改良・後編です。

何が素晴らしいって、欲しいなーと思ってたiPodの無線リモートコントローラ、海外では結構出てるんじゃないすか!試しに発売から5年経って大分安くなってた Monster iEZClick Remote Control for iPod というのを買ってみたら、これこそ私が長年求めてた理想のバイク用ワイヤレスリモコンだよ!!ってことで感動してみた。防水仕様、冬グローブはめたままでも操作可能、リモコン部はボタン電池駆動だから毎回の充電は不要、本体もiPodから電源供給って素晴らしすぎる。そうなんだよ、なにも音楽自体を無線で飛ばさなくても操作する部分だけ飛ばしとけば一日のツーリングくらい充電無しでも保つくらいの消費電力で済むし、音質の心配もなくなるんだよ!何故こういうのを日本でももっと売らないんだ。


Monster iEZClick Remote Control for iPod + 6th nano nano+リモコン
Majesty 4D9 + iPod RFリモコン MAJESTY装着

ハンドルバーにリモコン装着してみたら馴染みすぎだろこれw
まるで純正パーツのように違和感なく収まっててイイヨイイヨー

   


Monster iEZClick Remote Control for iPod iEZClick

この手のリモコンで唯一国内購入が可能なのが↑。同じコンセプトで最新式iPod対応のリモコンが他にもあるみたいだけど海外通販サイトが軒並み日本輸送NGってなんでだよー。
iEZClickも既に絶版モデルらしくて6th nanoに対応してるのか不明だったんだけど、¥2k弱まで値下がってるのでまあ失敗してもダメージ少ないしと思ってポチってみた。あっちのAmazonのレビュー見る限りでは「nanoだとレシーバーユニットがリモコンジャック塞いで使えねーよクソが!!」てなレビューもあったから使えないのも覚悟の上で買ってみたんだけど、6th nanoだとDockコネクタとイヤホンジャックの位置が微妙に変わってることは確認済だったのでひょっとしたらなんとかなるかもという淡い期待はありました。

▼上:4th nano、下:6th nano
4th nano ⇔ 6th nano Dockコネクタ位置比較 コネクタ位置比較

6thのほうが、イヤホンジャックの位置が1.5mmくらい外側になってます。そしてこの微妙な差のおかげで奇跡的に イヤホンプラグと干渉しないというね!SOUND TECKのコードが細身なのでアダプタ無しでスピーカー直結できるという素晴らしさ

6th nanoだとイヤホンジャック使用可能 スピーカ接続

▼4thだと3.5φプラグ剥き出しのコードでない限り差し込めません。
4th nano はイヤホンジャックが塞がれます はいらない…


▼ジャケット着せてもちゃんと接続できるのが重ね重ね素晴らしい。
nano+ Monster iEZClick Remote Control for iPod こっちが表
nano 腹側 裏側


この状態でメットスピーカと接続。SHOEIのメットだとスピーカをめくった裏側部分に丁度耳が入る窪み?のように一段落ち込んでいる固いパーツがついてるんですが、その部分にレシーバーユニットがギリギリ入り込めるという、これまた奇跡のようなジャストサイズ!

ご開帳 レシーバ収納
Sound Teck + iPod nano 6th 高さもぴったり

nano革ジャケットのスナップボタンが邪魔になるかな?と思ったけど、この状態でメット被ってみても頭と干渉することなく、しかもスピーカーの裏側にあるレシーバーが高さ調節してくれて、左スピーカーが絶妙な位置になってます。因みに右スピーカーにはSoundTeckに付属の高さ調節スポンジ入れてます。左はスポンジなしなので耳への当たり方が若干固い気はするけどほぼ気にならないレベル。

※注意※
SHOEIメットは女性用のガワがなくて内装の厚さを変えて女性サイズにしてるらしいので、ここに載せてるメットの内装はかなり厚い部類のものになってます。ので、男性用の内装が薄いものだと再現性がないかもしれません。



コードレスメット 完成☆

うぉぉぉちょっと見てこの美しさ!!
コードも操作部分も一切メットからハミ出さない快適なサウンドシステム。リモコンも防水だし雨の日も安心なんだぜ☆
Amazonレビューでバイク乗りの評価だけやけに高いのも納得。グローブはめた手で操作できるリモコン、ましてや全天候型なんてなかったもんなあ…
テスト走行でお台場巡りしてきて、丁度レインボーブリッジのループ突入したところで敵との対峙のサビがかかってきたときにはもう鳥肌どころじゃなかったですよ。最高!!!!!!





▼ついでに歴代iPodリモコンコレクション。
歴代iPodリモコン リモコン遍歴

①iPod Radio Remote (純正リモコン)
②IMJ BluRing (bluetooth HSP、HFP対応)
③Audio Technica AT-PHA30i(ポータブルアンプ)
④Panasonic P01(Bluetoothレシーバ&リモコン)
⑤iLuv イヤホンジャックリモコン
⑥Monster iEZClick Remote Control for iPod


リモコンいろいろ渡り歩いてきたけど、良く使ったのは①③とたまに⑤かな…イヤホンジャックのはバッテリー充電しながら使えるのが良いです。Bluetooth系も試したけど結局定着しなかったなー。②はナビ音声飛ばすのに良さげだったんだけど、ナビ通信が切れると同時に音楽も勝手にストップして音声終了後も音楽が自動再生されないという致命的欠陥が。

Bluetooth使ってワイヤレスにしても、結局操作部分は頭部付近になってしまうから意味ねーワイヤレスだなと常々思ってたのがiEZClickで一気に解決ですよ。青歯では受信側+送信側の双方が音楽聴いてる間常に通信状態になるからバッテリー消費激しすぎて使い物にならなかったしなあ。まあiEZClickも結構バッテリー消費は激しかったんですけどね、それでもnano満充電で8時間くらいは保ちそうな感じ。

というか、BluetoothもオーディオプロファイルのうちのA2DPは接続しないでAVRCPだけペアリングできればリモコン機能だけワイヤレスにして、音楽聴いてる間ずっとじゃなくリモコン使ってるときだけ通信してバッテリー消費抑えるってのが可能なんじゃないかと昔から思ってるんですけど、そこんとこ実際どうなの?そういう需要がないからなのか、オーディオ系の青歯ってペアリングすると勝手にA2DP+AVRCPがセットで接続される気がするし、片方だけ接続解除ってのができないような…。一回渋谷のAppleStoreでそこんとこどうなの?ってきいたら「できません」て言われて、「本当に?」って聞き返したら「いや今のナシ、Apple製品に関すること以外は一切答えられません」て突っぱねられたんだけど。ここの専門スタッフの専門知識の無さには定評があるからなー、いまいち言ってることが信用ならん。「青歯以外でiPodリモコンみたいなのないの?」て聞いても「ありません」て言われたし。このiEZClick調べてたら、日本の実店舗でこれ売ってたの、渋谷のAppleStoreだけだったらしいんだけどw あやうく信じてワイヤレスリモコンなんてこの世の中に存在してないと思いこむところだったじゃないですか。つうか渋谷のAppleStoreはいつ行ってもいろいろ酷すぎるんだけど…アレなんとかならんかねえ。

 

tag : カスタム  GF1 

 | ホーム | 














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。