上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しまった寝坊してシートテストの遠出できなくなりました…
というわけでとりあえずシート取り付けてNap's巡りしてみた感想を。
長距離走ってないので肝心の尻痛レポができませんでした。来週こそは!

シート外し 取り付け前。

シート外したこの状態で3週間。
近所の野良猫が寝床にして居着かないかヒヤヒヤしてました…w
(たまにバイクカバーの下から猫の毛とか足跡が発見されるので、休憩場所にされてるのは間違いない模様…マジェに傷つけたりはいまのところないので休憩くらいはいくらでも構わないんですけどね)

シート装着 取り付け!

ウヘヘ見てこの世界にひとつだけのマジェ!端から見たらバカスタムなのかもしれないけどやっぱり愛着湧きますわー。心なしか走ってる最中にいつもよりも見られてる気がするぜ!(※気のせいです)


因みに変更点はこんな感じ。
・ライダーシートの跨る部分の角取り
・ライディングポジションがシート中央寄りになるようにアンコ盛り&アンコ抜き
・ウレタンにT-NETという衝撃緩衝素材を挿入
・ライダーバックレスト厚み増し
・シートカバー全面張り替え(赤レザー+黒サンドレザー)
・パイピング


上から 上から。

…とりあえずものっすごい目立つね!だがそれがいい。赤の相乗効果で9倍速くなったりしないかなー。
本当は、最初の依頼の段階ではあまり見た目が変わるのがアレだったんでシート形状だけの変更の予定で、とにかく尻が痛くないシートで!色は変えずにレザーだけ張り替えで!ってお願いしてたんですよ。でも折角のカスタムなんで直前になって思い切って色も変えて「変えました!」て一目でわかるシートに変更してみました。若干赤が浮いてる気がしないでもないですがこの存在感は気に入りましたよー!
あと心配してたロゴ、完全に隠れる訳ではなかったです!良かったー。このロゴペイント部分、シートと本体の間に結構大きなスキマがあるので、見る角度によってロゴが全部見えたり全部隠れたりといい感じに慎ましやかな主張をしております。あれ、これももしやプロの計算だったりしたのか…?

さて肝心の走行感ですが、上述の通り大寝坊したせいで土曜の大渋滞の都内しか走れなかったせいで長距離の尻痛がどうなるかまではわかりませんでした…。
とりあえず座った感触では、尻部分が僅かに沈んで包み込まれるような感じはありました。硬さはそれほど変わらないかな?柔らかめで!てお願いしてたんですが、柔らかすぎると却って疲れますよと教えて貰ったので恐らくこのくらいが丁度良いところなんでしょうね。とにかく長時間走ると股間がピンポイントで痛くなったんで、ここを重点的に圧力分散出来る形状で!てお願いしたところ、股間部分の角張ってた部分が明らかに丸みが出て圧迫がなくなってる感じがしたので尻痛改善は期待できそうです。まあもともと尻の骨?が人より出っ張ってるせいで、普通にイスに座っててもすぐに尻が痛くなる質なので、完璧に痛くなくなるのは無理なんでしょうけど…とりあえず400km走れたら大成功ですね。来週は諏訪でも行ってみようかな。

あとね、気のせいかと思ったんですが4時間くらい乗っててやっぱり気のせいじゃないっぽいんですが、なんかマジェ自体の安定性がものすごく増してる気がします。シート変更で安定性がこんなに変わるものなんですかね??特に渋滞中のノロノロとか交差点のカーブとかがやたら安定してる気がします。なんでだろー。サンドレザーで尻が滑りにくくなったせい?実はバックレストも30mmほど盛って貰っているんですが、これも関係あるのかなー。今まで足が短いせいで全く背中にかすりもしなくて飾り以外の何の意味も成していなかったバックレストですが、改造後は足を伸ばせば背中につくようになって、前マジェのバックレスト並みの仕事をしてくれるようになったんですよ。足つきはそのままでライディングポジションがシート中央寄りになったので、重心がずれたとかもあるのかな?なんにせよ走り心地が良くなったのは嬉しいですね。

シートカスタム、完全オーダーメイドだったのでそれなりのお値段はかかりましたがいまのところは大満足です!むしろ10万かからずにこの仕上がりはサービスしすぎじゃ?と思うくらいです。
ところでカスタムのやり取りは全てメールで、基本ビジネスメールで必要最小限の情報だけしか流していないと思ったんですけど、最後に「北海道楽しんできてくださいね」て書いてあったんですけど…
あれ?たしかにフェリーとれたぜ的なことは一度だけ書いた覚えがありますが、北海道とは一言も言ってなかったはず…なんだけど…んー?

tag : カスタム  G1 

 | ホーム | 














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。