上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつものビックカメラでやっとモックから実機にかわってたのでGF3で遊んできました。って今日が発売日だったのか…色選べないならってことで全く買う気がなかったからすっかり忘れてた。

あータッチパネル便利だなーGF1にタッチパネルつけただけのモデル出してくんないかなー。
最初はタッチパネルなんてなんの役に立つんだ、ましてやタッチでシャッター(笑)とか思ってたんですけどね、AF合焦した瞬間にシャッター切ってくれるって結構というか滅茶苦茶良いんじゃないかと思えてきた。猫撮りとか北海道行ってキツネ見つけたときとかに最適そう。動きモノじゃなくてふと止まった瞬間に顔にピント合わせて撮る、が頭使わずに直感的にできるのはかなり魅力的。こんなピンポイントな場面以外ではとくにタッチパネルである必要性は感じないんだけど。残念ながらそのピンポイントな場面こそが私が撮りたい場面なんだよなー。でもそのためだけにGF3買うのは悔しい。あの変なRのつき具合と、アルミ筐体をまるでプラスチックのように見せてくれる前面と横面のシルバー塗装さえなければ購入候補になったのに。ああでもパンケーキセットないからどっちにしろ買えるモノはなかったのか。

 


色が選べない一件のせいで全く買う気無かったGF3についてなんでまたグダグダ書き始めたのかというと、店頭でためしに45-200mmつけてタッチシャッターやってみたら結構歩留まり高いのに驚いたからなんですよね。
私の腕だとG1のEVF+連射+手ぶれ補正ON使っても望遠端(200mm)で撮った写真の成功率なんて20枚に1枚あるかないかというレベルで、まあ45-200つかったときは1枚でもちゃんと狙ったところにピントが合ってる写真が残ってればラッキー、くらいのもんだったんだけど、さっきタッチシャッターで適当に薄暗い店内を撮りまくってたらこれが2枚に1枚はそこそこの精度でピント合ってて便利だなーと。流石に200mmだと収率落ちますが、それでも2~3枚撮れば1枚はそこそこなものが残せてるんですよね。あーこれはイイ!ね。実際使ってみないとこの良さはわからんかったです。

▼過去45-200mmで撮ったキツネ(元はこちら
キタキツネ 
キタキツネ

この2枚はこれでもまともに撮れた方で、これだけのために100枚くらい無駄なシャッターを切ってます。この子はわりとおとなしめで結構長いこと逃げずにいてくれたんだけど、このとき見つけたエゾリスとかオオワシとかは写真に残したい!と思っても合焦するまえにどっか行っちゃってシャッターチャンスを無駄にしたことを未だに思い出して悔やんでるくらいなのでタッチシャッターにはかなり心惹かれる。次の北海道はリベンジしたいな。

因みに撮影にはG1+手ぶれ補正使用。EVFはメット被ってるので使ってません。EVF信者ウゼーと思うのはたぶんこのせいなんだろうな。メットあるし化粧してるしでEVF使える機会はごく限られるから、EVFは無くても良いではなくてあったら邪魔なものの筆頭なんだよなー。GF1は2年間、ツーリング中の晴天の真っ昼間でばかり使ってたけど、液晶が多少見えづらいことくらいはあっても撮るのに支障があったことなんてただの1度もないのでやっぱりEVFは私には不要。ホールドはストラップ伸ばすか三脚を胸に当てて使えばよろし。それも咄嗟にはできないから、やっぱりタッチパネル欲しいなー。


タッチパネルはタッチシャッター以外はわりとどうでも良いです。一点AFの位置決めが楽になるのは確かにそうなんだけど、シャッター無しのただのAF位置あわせだけならGF1でもカーソルが動くのが遅いだけで問題なくできるし、タッチシャッター使わない場面なら構図考えてる余裕があるようなときなんだろうし、AF位置決めに多少手間取ってもなんの問題もないんだよな。


…というか、タッチシャッターが欲しいだけなら型落ちして値崩れしたGF2を買っておけば良いというのに今気付いた。パンケーキあるしなあ。しかしGF1の上面のフラットさが美しすぎるのでやっぱりGF1が好き。かなあ。パナのLX5とかオリのXZ-1デザインそのままでレンズと撮像素子だけm4/3にしたやつを早く出してくれ。

tag : μ4/3  G1  GF1 

 | ホーム | 














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。