上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイキング

ぅお、メールフォームから質問貰ってました気付かなくてすんません!
「blenderでキャラの髪型作るのにどのくらいの時間かけてますか?」とのことですが、初期に比べてモディファイアとか使うようになってだいぶ短縮されてるよなあ…ということで、今の作り方だとどのくらいか実測してみました。
というかここ暫く2Dお絵描きしかしてなかったので、約半年振りにblender立ち上げたらまた操作分からなくなってる…2.49時代と2.6x系の操作が見事なまでに脳内で混ざってました。


で、↓こんな感じの短髪キャラを一から頭部モデリングした場合、
微修正 テクスチャは紫苑を流用
所要時間:
【ハゲ頭→3時間】
【髪型→2時間】
くらい掛かってます。結構かかってるな…絵描いてると本当に時間が過ぎるのが早いっすねー。
これでも以前(Shade時代)に比べたら恐ろしく短縮されたんですよ…昔はミラーの使い方も良く分からなかったし、厚み付けるのにチューブ型のオブジェクトを用意してたので微調整するときも「調整したい頂点+厚み部分の頂点」をいちいち選択するという、面倒臭い作業をやってました。



髪型作成 作業画面

私の場合はフィギュアっぽい質感を目指して作ってるので、髪は毛先の半透明処理もしていないただの板ポリでできてます。ので、とってもシンプルなモデリングしかしてません。
毛束ひとつを板ポリ1枚で作って、それを10枚くらいコピペして微調整すれば完成のお手軽ヘアーになってます。とは言っても微調整に製作時間の大半が吸い取られてますが…この辺は2Dお絵描きが一発でできる人ならもっと早いんだろうな。あとはテクスチャでノーマルマップ貼って、Mirror, Subdiv, Solidifyのモディファイアかけて御終い。左右非対称部分は別オブジェクトにしてるので、非対称が多いキャラだともう少し手間取りそう。


ところで↑のキャラはNo.6の紫苑を作り直してたはずが髪ハネと痣が無いと別人に…。今の興味の矛先がNo.6とゼノギアスとゼノブレイドなのでそのうちのどれかに作り直したいな。ゼノブレイド2周年お祝いしたかった!

スポンサーサイト

tag : blender  No.6 

PC-Q11で組んでた母艦を夏対策でクーラー換えてみました。

夏仕様 夏仕様

CoolerMasterのVortex 211QからサイズのSamuel 17に変更。
ファンは同じサイズの12mm厚のスリムタイプ12cmファンの1600rpmにしてます。
交換してどうなったかは折り畳みで詳細です。


続きを読む »

tag : 自作PC 

 | ホーム | 














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。