上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファーwww
グラボとオンボでそれぞれ1枚ずつディスプレイ出力できるの今頃気付いた!!!!

iGPU Multi-Monitor BIOS設定

グラボのみでデュアルディスプレイするとGPU温度が70度超えるから常用は避けてたのに…グラボ新調してから4年経ってはじめて設定項目に気付いたんだけど!!!
sandy世代あたりからGPUとオンボードグラフィックの排他出力じゃなくなってたのか…BIOSのノースブリッジの設定項目の深いところにあるから見てなかった…デフォルトでdisableになってるのを直せば良いだけだった。


【GPUデュアル(改善前)】⇒【GPU&オンボ出力(改善後)】
グラボのみデュアルモニタ時メインモニタ→GPU、サブモニタ→オンボ

試しにBlenderをMaxでぶん回してみた後の温度比較。
GPUだけでデュアルしてたときに比べてGPU&オンボにするとGPU温度が高負荷時で-15℃、通常使用時で-30℃とかなんだこれ常時デュアルにしておいても問題ないレベルになってるじゃないか!!!
GPU自体は別に高温でも大して気にならないんだけど、今の窒息ケースはGPUの直下にHDDがある上にフルマウントでHDD×4積んでるからいつHDが逝くか気が気じゃなくてサブモニタはこまめにON/OFFしてたんだよ…この無駄な4年間の努力はなんだったんだ( ਊдਊ)


スポンサーサイト

tag : blender  自作PC 

PC-Q02を録画機にしてみた。
拡張スロットが無いのでチューナー一台載せるだけで一苦労…

アンテナ線 アンテナしっぽ

相変わらずエアフローなにそれおいしいの?状態のぎゅうぎゅう詰めです。パソコンなんざ動きゃ良いんだよ動きゃ!

PC-Q02は背面にUSB3.0を引き出すためのケーブル穴が開いてるのでここからアンテナ線を引き出すことに。フロントパネルのUSB3.0はI/Oパネルではなくマザーに繋げることになるので、20ピンヘッダー変換ケーブルが必要になります。チューナはライザーカードでマザーの上まで引っ張ってきて、スリムベイに固定してみました。スリムベイは上方向はオープンなので3cmくらいの高さのものまで突っ込めるのが何気に便利。チューナが結構発熱するので気休め程度に4cmのクリップファンもつけてます。天面のアルミが放熱してくれると良いんだけど。


PC-QXXシリーズ棚 Lian-Li棚

録画機なのでTV横が定位置です。emo棚がLian-Liケースの奥行きにぴったりすぎて困る…もう一台くらい小さいケース追加してLian-Liタワーにしたいなー。


▼中身はこんな感じ。
 低消費電力+エンコもこなすくらいの性能目指してみた。
録画鯖パーツ←picoPSUはテスト用

【CPU】Core i5 3570T @18k
【M/B】Intel DH77DF @12.5k
【メモリ】UMAX DDR3-1333 16GB (8GBx2) @7.5k
【SSD】Intel 330 Series 120GB @10k
【HDD】東芝MQ01ABD100 (2.5インチ、1TB) @7.5k
【ケース+電源】Lian-Li PC-Q02B (300W SFX電源付属) @15k
【OS】Windows 7 Pro (64bit) @12k
 +チューナ、miniPCIe→PCIex1変換ライザー @18k

計10万円也。チューナの詳細はご想像にお任せします。HDD交換/追加し放題なことを考えると民生録画機買うよりは作っちゃったほうがお得ですね。普通のPCとしてももちろん使えるし。
しかし本格的な録画機は初めて作ってみたけど、起動・予約・録画・編集・保存どれをとっても快適すぎてもう元には戻れない。というか民生機が「簡単にできるはずのことをいかに不便にするか」しか考えてないんだよな…そりゃこんなんばっか作ってたら誰も買わなくなるよなー。とりあえずSD画質で保存してあった暴れん坊将軍シリーズをDVDに移そうとしたら実時間で再エンコしやがったDIGAは死ねば良いと思うよ。

続きを読む »

tag : 自作PC 

ツクモからPC-Q02が入荷したと連絡あったので連れ帰ってきました。
この小ささはたまらん…!

Lian-Li PC-Q02 Lian-Li PC-Q02

300WのSFX電源付きで¥15k也。
拡張スロットも無いのに300Wも必要になる場面がいまいち思い浮かばないんだけど、一体どういう使い道を想定したケースなんだろうこれ?IvyBridgeでOCするにしても、この電源そのまま使うならCPUクーラーが60mm以下じゃないと入らないから冷却不十分で強力なCPUも載せられないだろうし。因みに再利用した58mmのCoolerMasterクーラーを装着したマザーを入れてみたら電源との隙間が1mmくらいしかなかったので、もっと薄いやつに換えるべきかどうか思案中…とりあえず組んでみて極端な熱っつアツにならなければそのまま使おうかな。


PC-Q11とPC-Q02親子  赤黒親子

PC-Q11と並べると完全に親子です。
しかし衝動買いしてみたのは良いけどノープランなんだよなー。とりあえず部屋に放置されてる録画鯖というかLANも繋げてないのでサーバですらないスタンドアロンな録画PC(全裸)が一台あるのでこいつを突っ込もうと思うんだけど、予想以上に中が狭くてさてどうしたもんか。やっぱ拡張スロットくらいついてるのにしとけば良かったと若干後悔しつつもこの可愛さにめろめろなので、月曜にハンズ行ってきてなんとかしてみよう…なんとかならなくても観賞用か大きめのHDDケースってことでまあいいかなー

 

tag : 自作PC 

PC-Q11で組んでた母艦を夏対策でクーラー換えてみました。

夏仕様 夏仕様

CoolerMasterのVortex 211QからサイズのSamuel 17に変更。
ファンは同じサイズの12mm厚のスリムタイプ12cmファンの1600rpmにしてます。
交換してどうなったかは折り畳みで詳細です。


続きを読む »

tag : 自作PC 

CENTURYからDVI接続の8インチXGAモニタが出てたので買ってみた。

LCD-8000DA

8インチでこの解像度はかなり理想に近いサブモニタ!
DVI接続の時点で既にサブモニタっつーよりもただのセカンドモニタなんですけどね。USBモニタと違ってドライバ不要だからBIOSもいじれるし、サーバー用セカンドマシンのメインモニタにもできるのが良い感じ。あとモノラルだけどスピーカーがついてるので台所に持ってってニコ動見ながら皿洗いができるのが何気にポイント高い。
グレアパネルなのが玉に瑕だけどこの手の小型モニタはニッチ過ぎてそんなところに文句言っててもほかに選択肢無いからなー、ノングレアの保護シートでも貼って妥協しときます。しかし明るさLOWでも眩しいのは何とかならんかね。


サブモニタ×3 サブモニタ×3

真ん中がメインモニタのMITSUBISHI MDT24WG(名機!)、サブモニタが左からLCD-10000U(FWXGA/1366x768)、LCD-8000UD(SVGA/800x600)、LCD-8000DA(XGA/1024x768)です。どんだけCENTURY好きなんだwと言われそうですが、前述の通りこの界隈は選べるほど製品が無いのでサブモニタ買い換えてると必然的にこうなるという…。
普段はサブ一台のみ接続ですが、写真撮るために全部いっぺんに繋いでみたら意外と何の問題も無く全部快適動作して新母艦すげー。温度モニタしてたらCPUとGPUが結構頑張ってたので、流石に4枚常用は厳しそうだけど。

続きを読む »

tag : GF1  自作PC 

 | ホーム |  次のページ»»














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。